ワキガ体質ならお酒を飲む時は臭いに注意しよう

ワキガ体質の人がお酒を飲むと…

実はお酒を飲むことにより、臭いの原因となるものが体内で次々と発生してしまうのです。
アルコールが肝臓で分解されて発生するアセトアルデヒドやその際に発生する活性酸素、そして活性酸素の影響により脂質が変化した過酸化脂質、そのほか、アセトアルデヒドがさらに分解されて発生する酢酸などはすべて不快な臭いの元となってしまうのです。

 

さらにアルコールが体内に摂り込まれることにより血行がよくなり、その結果、体温が上昇して汗をかきやすくなることになってしまいます。
当然、ワキガの臭いの元であるアポクリン腺からも汗が出ますが、そのうえ体内のアルコールが分解されてできた物質も汗として体外に出てきますから通常のワキガを上回る強烈な臭いを発生させてしまうのです。

 

ワキガ体質でない人であってもお酒を飲んだ時に汗をかくと、かなり不快な臭いがしますよね。
ワキガ体質の人であったら、その臭いの不快さは比較にならないレベルであるといえるでしょう。
自分がワキガ体質であると自覚しているのなら、お酒を飲む前にはしっかりと臭い対策をしておくのエチケットだといえるでしょう。

 

ただ、少量のアルコールであれば臭いを抑制するともいわれているので、お酒は度を過ぎない範囲で楽しむようにしたいですね。